HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

住民票の写し等の第三者交付に係る本人通知制度2019年5月1日

制度の目的

 この制度は、笠松町に住民登録や本籍のある方が事前に登録することにより、その方の住民票や戸籍等の写しを、本人の代理人や第三者に交付した場合に、その交付した事実について登録者本人に通知する制度です。住民票や戸籍等の写しが第三者に交付された事実を本人が早期に知ることができ、不正取得による個人の権利の侵害抑止や、防止を目的にしています。

登録の方法や窓口

笠松町本人通知制度登録申込書に必要事項を記入し、笠松町役場住民課の窓口に提出してください。

登録できる方

笠松町に住民票や本籍がある方(笠松町に住民票の除票や除籍等のある方も含みます) 

登録の時に必要な書類

  • 登録する本人の本人確認書類(運転免許証・住基カード・パスポートなど)
  • 代理人が登録する場合は、代理人の本人確認書類、登録する本人が自署した委任状と登録する本人の本人確認書類(コピーでも可)
  • 法定代理人が登録する場合は、法定代理人の本人確認書類と法定代理人の資格を証明する書類

登録期間

登録した日から3年間。登録期間満了の1か月前から引き続き申請し、再登録をすることができます。

通知書に記載する内容

  • 交付した証明書の交付年月日
  • 交付した証明書の種別と通数
  • 交付した証明書の請求者の種別(代理人又は代理人以外)

証明書を取得した個人の情報は通知されません。

本人通知の対象外となる請求

  • 国または地方公共団体の機関や特定事務受任者(弁護士、司法書士など)からの請求
  • 本籍の表示が省略された住民票の請求

登録の変更・廃止

 登録者の氏名や住所、その他登録した内容が変更になった場合、同一市区町村内の変更であっても変更の届出が必要になります。変更の届出がない場合、登録が廃止になる場合がありますのでご注意ください。

申請書ダウンロード

>本人通知制度登録申込書はこちら

PDFファイルをご覧になるには

アドビリーダーが必要です。無償で提供されていますので、ダウンロードしてご使用ください。

アドビリーダー

お問い合わせ

住民課
電話:058-388-1115