令和3年12月に制定した「笠松町子どもの権利に関する条例」が、令和4年3月から施行されます。

すべての子どもたちが夢と希望を持って自由に生き生きと育つことのできるまちをめざして、子どもの持つ4つの権利と大人の役割、子ども自身の役割を定めています。

子どもが持つ4つの権利

〇安心して生きる権利

 ・差別やいじめを受けないで、健康な生活ができます。

 ・みんなが愛され大切にされます。

〇のびのびと育つ権利

 ・自分のことは自分で決められます。

 ・自由に遊んだり勉強したり、やりたいことにチャレンジできます。

〇守られる権利

 ・個性が認められ、ありのままで受け入れられます。

 ・安心できる居場所、相談できる大人がいます。

〇参加する権利

 ・自分の意見を自由に言うことができます。

 ・いろいろなことに参加できます。

大人の役割

〇子どもの個性と人格を尊重しましょう。

〇虐待、暴力、体罰などから子どもを守りましょう。

〇子どもの話に耳を傾け、気持ちや考えを受け止めましょう。

〇子どもの自主性を認め、自ら育つ力を信じましょう。

子どもの役割

〇自分に権利があることを自覚し、意見や思いを発信しましょう。

〇自分とともに他の人の権利も大切にし、お互いに認め合い助け合いましょう。

 

誰もが生まれながらにして一人ひとりかけがえのない大切な存在です。

自分が持っている権利を大切にしよう。

 

子どもの権利条例全文はこちら↓

笠松町子どもの権利に関する条例.doc(143KB)

 

相談窓口

家庭や学校で悩んでいること、困っていることはありませんか?

子どもとの関わりで悩んでいる方はいませんか?

一緒に解決方法を考えましょう。

子どもホッとダイヤル・メール

 Tel:0120-43-1474

 Mail:gifu43izime-nashi@soleil.ocn.ne.jp

笠松町子育て世代包括支援センター

 Tel:058-388-7171

笠松町こども館

 Tel:058-388-0811  

 

お問い合わせ

福祉子ども課 子育て支援センター こども館 福祉会館

電話:058-388-1116

福祉子ども課 子育て支援センター こども館 福祉会館へのお問い合わせフォームはこちら