HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

風しんの抗体検査と予防接種(追加的対策)2020年5月8日

風しんの追加的対策として、これまで定期予防接種の機会がなく、風しんの抗体保有率が低い世代の男性を対象に、令和3年度末まで風しんの抗体検査と予防接種を無料で実施しています。

風しんとは

 風しんは、主にせきやくしゃみなどで人から人へ感染する非常に感染力の強い感染症です。

 主な症状として発熱と発しんがあり、感染しても症状がない場合から、重篤な合併症を併発する場合まで幅広く、成人では重症化して入院が必要になることもあります。また、妊娠中の女性が感染すると、赤ちゃんの眼や耳、心臓に障がいがおこる「先天性風しん症候群」を発症する可能性があります。 

対象者

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性

期間

令和4年3月31日まで

自己負担金

無料

検査・予防接種の方法

1.検査・予防接種のクーポン券を受け取る

 令和2年3月13日の時点で笠松町に住民登録のあった対象の方には、クーポン券を送付しています。その日以降に転入された方など、クーポン券が届いていない場合はご連絡ください。

2.抗体検査を受けましょう

 全国の医療機関などで受けることができます。クーポン券と本人確認のできる身分証を持参して検査を受けましょう。

 また、特定健診や職場の健診で検査できる場合もありますので、職場等にご確認ください。

3.検査で十分な抗体価がない場合は予防接種を受けましょう

 抗体検査の結果、十分な抗体価がない場合は、検査の結果とクーポン券、本人確認のできる身分証を持参して医療機関などで予防接種を受けましょう。

実施医療機関

厚生労働省ホームページをご覧ください。(新しいウインドウが開きます)