不妊症診断検査費と特定不妊治療費助成事業2021年6月15日

 不妊に悩み、実際に不妊治療を受ける夫婦が増加しています。不妊治療は、身体的また精神的はもとより、経済的負担もとても大きいものです。そこで、高額な医療費がかかる不妊症診断検査と特定不妊治療(体外受精、顕微授精)に要した費用の一部を助成し、子どもを生み育てやすい環境づくりを推進します。

令和3年4月1日以降に治療を終了した治療に対する助成については、対象者や内容を拡充しています。

不妊症診断検査

不妊症診断検査費助成事業

対象者 法律上の婚姻をしている夫婦で夫婦のいずれかまたは両方が笠松町に住所を有する人(事実婚を含む)
所得制限 所得制限なし
対象となる検査 不妊症の診断のための検査
助成の額

直接検査に要した費用(初・再診料を除く)

ただし、3万円を限度とする

助成の回数 1回
医療機関 指定なし

 

特定不妊治療(体外授精または顕微授精)

特定不妊治療費助成事業

対象者

法律上の婚姻をしている夫婦で夫婦のいずれかまたは両方が笠松町に住所を有する人(事実婚を含む)

所得制限

所得制限なし

対象となる治療

体外授精または顕微授精

対象とならない治療法
  1. 夫婦以外の第3者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療
  2. 代理母
  3. 借り腹
助成の額

直接治療に要した費用(入院費、食事代など治療に直接関係ない費用を除く)

ただし治療ステージA,B,D,Eは10万円、治療ステージC,Fは5万円を限度とする。

治療ステージに関しては、治療ステージ(PDF形式83.7KBytes)をクリックしてください。

※岐阜県等から助成を受けた場合は、助成を受けた額を対象費用から差し引くものとします。

助成の回数

令和2年度までに助成を受けた回数も含めて、1子あたりの助成回数は次のとおりとなります。

 初回助成を受けた際の、妻の年齢が

  1)40歳未満の方は、通算6回まで

  2)40歳から43歳未満の方は通算3回まで

  3)43歳以上の方は助成対象外

  都道府県・指定都市・中核市以外の市町村から受けた助成も含みます。

 ※上記の回数に関わらず43歳の誕生日以降に開始した治療は助成対象外となります。

 ※令和元年度までに通算5年度助成を受けられた方も助成対象外となります。 

医療機関

岐阜県の指定する医療機関(クリックすると岐阜県健康福祉部保健医療課

岐阜県特定不妊治療助成事業のホームページ)に移動します。

 

申請方法

検査または治療が終了後、必要書類を添えて健康介護課へ申請してください。

申請時期

検査または治療を終了した日の属する年度内に申請してください。

※申請が遅れる場合は健康介護課にご連絡ください。

申請に必要なもの

不妊症診断検査

  1. 不妊症診断検査費助成申請書
  2. 不妊症診断検査受診等証明書(指定医療機関の主治医が記入したもの)
  3. 不妊症診断検査を受けた医療機関発行の領収書
  4. 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明する書類(戸籍謄本など)
  5. 夫及び妻の住所を確認できる書類(世帯全員の住民票)
  6. 事実婚関係申立書(事実婚の場合)
  7. 印鑑、通帳

※町が住民基本台帳を閲覧することに同意していただける場合は、4、5の書類は不要です。

 ただし、夫婦のいずれか一方が笠松町以外に住所を有する場合は、4の書類が必要になります。

 

申請書、証明書は下記からダウンロードできます。クリックしてください。

不妊症診断検査費助成申請書(PDF形式107KBytes)

不妊症診断検査受診等証明書(PDF形式83.5KBytes)

不妊症診断検査請求書.pdf(67KB)

事実婚等に関する申立書(54KB)

 

特定不妊治療

  1. 特定不妊治療費助成申請書
  2. 特定不妊治療受診等証明書(指定医療機関の主治医が記入したもの)
  3. 特定不妊治療を受けた医療機関発行の領収書
  4. 婚姻状況及び過去の治療の後に出生した子の生年月日が確認できる書類(戸籍謄本)(初回申請、第2子以降のリセット、事実婚の場合)
  5. 夫及び妻の住所並びに過去の治療によって出生した子の生年月日が確認できる書類(世帯全員の住民票)
  6. 岐阜県の特定不妊治療の対象になった方は、その承認決定通知書(この書類を提出する場合、4、5の書類は不要)
  7. 事実婚関係申立書(事実婚の場合)
  8. 印鑑、通帳

※町が住民基本台帳を閲覧すること、夫婦の所得の状況を調査することに同意していただける場合は、4、5の書類は不要です。

 ただし、夫婦のいずれか一方が笠松町以外に住所を有する場合は、4の書類が必要になります。

 

申請書、証明書は下記からダウンロードできます。クリックしてください。

特定不妊治療費助成申請書(PDF形式115KBytes)

特定不妊治療受診等証明書(PDF形式114KBytes)

特定不妊治療請求書.pdf(67KB)

事実婚等に関する申立書(54KB)

 

申請場所に関すること

場所
 福祉健康センターまたは役場健康介護課窓口

取扱時間
 午前8時30分から午後5時15分まで 

 

PDFファイルをご覧になるには

アドビリーダーが必要です。無償で提供されていますので、ダウンロードしてご使用ください。

アドビリーダー

 

 

お問い合わせ

健康介護課
電話:058-388-7171