HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

離婚届2017年3月22日

 離婚するときに必要な届出です。

届出地 

 夫・妻の所在地または本籍地のいずれかの市区町村役場

届出期間 

協議離婚の場合
  特に制限はありません。届出によって効力が発生します。
調停離婚または裁判離婚の場合
  確定の日から10日以内

届出人 

協議離婚の場合
  夫と妻
調停離婚または裁判離婚の場合
  申立人

※届出人とは離婚届に署名・押印する夫と妻です。窓口に離婚届(記入されたもの)を提出する場合は代理人(届出人以外)の方でも提出できます。

届出に必要なもの

  • 離婚届
  • 届出人の印鑑
  • 届出人の戸籍謄本(届出地が本籍地以外の方のみ)
  • 窓口に来られる人の本人確認ができる書類(運転免許証、パスポート、官公署の発行した免許証・許可証・もしくは身分証明書で本人の写真を貼付したもの)
  • 転出証明書(他市区町村から転入する方のみ)
  • 調停離婚の場合は、調停調書の謄本
  • 審判離婚の場合は、審判書の謄本と確定証明書
  • 和解離婚の場合は、和解調書の謄本

離婚届に伴う手続きについて(該当する場合のみ)

転入届(他市区町村から転入する場合)
転居届(笠松町内で転居する場合)
転出届(笠松町から転出する場合)
国民健康保険の手続き
福祉医療費受給者証の申請
児童手当、児童扶養手当の申請

届出書の記入上の注意 

  • 届出人と成人2人の証人の署名押印が必要です。(証人の署名押印は協議離婚の場合のみ必要です。)
  • 住所は住民登録をしている住所を記入してください。離婚届と同時に転入届または転居届をされる場合は、新しい住所を記入してください。
  • 協議離婚で未成年の子がいる場合は、親権が父母のどちらになるかを決定し、記入してください。
  • 婚姻の際に氏を変更した夫または妻(戸籍の筆頭者ではない人)で、婚姻前の氏にもどる場合は、もどる戸籍か新しい戸籍を記入してください。婚姻中の氏を引き続き称する場合は記入の必要はありません。

婚姻中の氏を引き続き称する場合

 離婚した後も婚姻中の氏を引き続き称することを希望する場合は、離婚届の他に「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)」を提出してください。この場合、離婚の日から3か月以内に届出が必要です。
 離婚により氏が変更するのは、原則として婚姻の際に氏を変更した夫または妻(戸籍の筆頭者ではない人)です。
 「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)」を提出すると、今後婚姻前の氏に戻したくても、原則として戻すことができません。

子を入籍する場合

 父(母)の戸籍にあって父(母)の氏を称している子が、母(父)の戸籍に移り母(父)の氏を称したい場合は、子の氏の変更を家庭裁判所に申し立てをして、許可を得る必要があります。詳しくは岐阜家庭裁判所 電話058-262-5121へお問い合わせください。
 家庭裁判所の許可を得た後に、市区町村役場で入籍届を提出してください。

お問い合わせ

住民課
電話:058-388-1115