笠松町内において、「ふん尿をされた」「畑や花壇を荒らされた」「敷地内で子猫がたくさん産まれた」などの飼い主のいない猫に関する相談が多数寄せられています。

 このことから、町内の飼い主のいない猫の繁殖を抑制し、当該猫が一代限りの命を全うできるように地域で適正に管理することで、飼い主のいない猫を起因としたトラブルの未然防止を図り、地域住民と飼い主のいない猫が共生することができる地域を目指すとともに、町民の良好な生活環境の確保を目的として、公益財団法人どうぶつ基金が手術費等を全額負担する「さくらねこ無料不妊手術事業」に参加します。

 

公益財団法人どうぶつ基金

 動物の適正な飼育法の指導・動物愛護思想の普及啓発等を行い、環境衛生の向上と思いやりのある地域社会の建設に寄与することを目的として設立された団体です。

 

さくらねこ無料不妊手術事業

 飼い主のいない猫に対し「さくらねこTNR(Trap/捕獲し、Neuter/不妊去勢手術を行い、Return/元の場所に戻す、その印として耳先をさくらの花びらのようにV字カットする)」を実施することで、繁殖を防止し、「地域の猫」「さくらねこ」として一代限りの命を全うさせ、飼い主のいない猫に関わる苦情や、殺処分の減少に寄与する活動です。町では、地域猫活動を行うボランティア団体等と連携してTNR事業を行います。

さくらねこTNRについてはこちら(公益財団法人どうぶつ基金ホームページ)

 

さくらねこ.jpg

お問い合わせ

環境経済課

電話:058-388-1114

環境経済課へのお問い合わせフォームはこちら