産後健康診査助成事業2021年4月6日

笠松町では、産後のお母さんの身体面の確認や産後うつの予防など、出産後の初期段階における母子に対する支援の強化を目的として、産後健康診査事業を実施しています。

対象者

産後健康診査の受診日に笠松町に住民登録があるかたで、産後8週間以内のかた

交付方法

母子健康手帳を交付する時など

受診時期と回数

産後2回まで(1回目:産後2週間前後 2回目:産後1か月前後)

注意:産後2週間の健診は、医師の判断により実施されないことがあります。

公費負担の対象となる健康診査の内容

・問診、診察

・尿検査(たん白・糖)

・体重

・血圧測定

・エジンバラ産後うつ病質問票

 上記以外の検査を追加された場合は自己負担が生じます。

 健診費用の助成を受ける場合は、上記のすべての健診内容の受診が必要です。

助成金額

1回あたり上限5,000円

受診方法

委託医療機関で受診する場合

産婦(産後)健康診査受診票に必要事項を記入の上、受診される医療機関窓口に提出し受診してください。

委託医療機関以外で受診される場合

償還払いとなります。医療機関で健診費用を支払いいただき、健診受診後次のとおり申請してください。

1.申請先

福祉健康センターまたは役場健康課介護課窓口

2.申請期限

産後健診受診後6か月以内

3.必要な書類

・笠松町産後健診費助成申請書

・産婦(産後)健診受診票(健診結果が記入され、証明印が押印されたもの)

・領収書(健診費用が明記されたもの)

・印鑑(朱肉のもの)、申請者の口座番号のわかるもの(通帳など)

産後健診費助成申請書.pdf(102KB)

PDFファイルをご覧になるには

アドビリーダーが必要です。無償で提供されていますので、ダウンロードしてご使用ください。

アドビリーダー.gif

 

お問い合わせ

健康介護課
電話:058-388-7171