HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

後期高齢者医療被保険者証2020年9月17日

 後期高齢者医療制度では、被保険者の方に保険証(後期高齢者医療被保険者証)を1人に1枚(カード型)交付します。毎年7月(75歳になられる方は75歳の誕生月の前月)に郵送しますので、お手元に届きましたら、保険証の記載事項に間違いがないか、ご確認ください。有効期間は8月から翌年7月(75歳になられる方は75歳の誕生日から直近の7月)までです。
 保険証は大切に保管し、医療機関にかかるときは必ず提示してください。

自己負担割合

 保険証には自己負担割合が記載されており、医療機関などの窓口で保険証を提示すれば、医療費の自己負担分を支払うだけで医療を受けることができます。

 自己負担割合は、前年の所得を基に判定します。

 

所得の区分に応じた自己負担割合
所得の区分 対象となる方 自己負担割合
現役並み所得者

・被保険者本人の住民税課税所得が145万円以上の方

・同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の被保険者がいる方

3割
一般 ・現役並み所得者、区分1、区分2以外の方 1割

区分2

・世帯の全員が住民税非課税の方で区分1以外の方

区分1 ・世帯の全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が0円となる方

注意事項

 ・「現役並み所得者」の区分であっても、次のいずれかに該当する場合は、申請により「一般」の区分となります。

  1、被保険者が同世帯に2人以上で、収入の合計が520万円未満の方

  2、被保険者が1人で、収入の額が383万円未満の方

  3、被保険者が1人で、収入の額が383万円以上の場合、同世帯の70歳から74歳の方の収入も含めた合計額が520万円未満の方

 ・保険証の有効期間中であっても、世帯の状況の変動(被保険者の増減など)により、自己負担割合が変動する場合があります。

 

お問い合わせ

住民課
電話:058-388-1115