老齢基礎年金2011年4月1日

 保険料を納めた期間と免除された期間および合算対象期間を合わせて25年以上ある方が、65歳に達したときに支給されます。

老齢基礎年金の繰上げ支給と繰下げ支給

繰上げ支給
 老齢基礎年金の支給開始年齢は65歳と決められていますが、本人が希望すれば60歳から64歳までの間でも年金を受けることが可能です。これが繰上げ支給です。ただし、この場合、年金を受けようとする年齢によって一定の割合で減額され、この減額率は生涯変わりません。

繰下げ支給
 繰上げ支給とは反対に、年金の支給開始年齢を65歳より先に延ばすことができます。これを繰下げ支給といいます。繰下げ支給では支給開始が遅くなる分、増額された年金を受け取ることができます。
 繰上げ支給も繰下げ支給も、年金を受け取るには、請求の手続きが必要です。

裁定請求先

国民年金第1号被保険者期間のみの方

 役場保険医療課
厚生年金加入期間や、第3号被保険者期間のある方
 年金事務所

手続きに必要なもの

  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 戸籍謄本など

 くわしくは住民課までお問い合わせください。

お問い合わせ

住民課
電話:058-388-1115