HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

モバイルバッテリーの事故に注意しましょう2019年8月13日

 モバイルバッテリーは、スマートフォンやタブレットを充電できる予備の電源として、近年急速に普及していますが、取扱いを誤ると発熱や発火によって事故が発生する可能性があります。

注意点

 モバイルバッテリーを扱う際は、次の点に注意しましょう。 

  • リコール対象製品でないか、リコール情報を確認しましょう。
  • 新規に購入する際は、PSEマークを必ず確認しましょう。
  • 製品本体に強い衝撃、圧力を加えない、高温の環境に放置しないようにしましょう。
  • 充電中は周囲に可燃物を置かないようにしましょう。
  • 膨らんでいる、熱くなっている、変なにおいがするなど、いつもと違って異常を感じたら使用を中止しましょう。
  • 充電コネクタの破損や水濡れに注意しましょう。
  • 公共交通機関での事故を避けるため、持込規則を確認して、それに従いましょう。
  • 使用済みモバイルバッテリーを廃棄する際は、リサイクル業者か廃棄物業者に依頼しましょう。

※一部公共施設や販売店で回収できるものがあります。

外部リンク

モバイルバッテリーの事故について、詳しくはこちら(消費者庁ホームページへリンクします)

 

モバイルバッテリーの回収について、詳しくはこちら(一般社団法人JBRCのホームページへリンクします)

お問い合わせ

環境経済課
電話:058-388-1114