生後6か月以上のすべての方が、初回接種・追加接種ともに、新型コロナのオミクロン株(XBB.1. 5) に対応した1価ワクチン(XBB.1. 5 対応ワクチン)を接種することができます。使用ワクチンは、乳幼児用ファイザー社製ワクチン(対象:生後6か月~4歳)またはモデルナ社製ワクチン(対象:生後6か月~5歳)となります。
 なお、令和6年3月31日までは自己負担なしで接種可能です。

 ※接種は強制ではありません。ワクチンの効果と副反応等総合的に理解いただき接種をご検討ください。

また、接種に関し不安や心配などがありましたら、必ず事前にかかりつけ医又は小児科専門医にご相談ください。

 接種のご案内は、生後6か月となる誕生月に発送されます。接種を希望される場合、案内に基づき接種券発行申請をしてください。申請後送られてきた接種券を紛失した場合や、お手元に案内が届かない場合は役場健康介護課へお問い合わせください。

 

乳幼児コロナワクチンの接種対象年齢・使用ワクチンについて

※各ワクチンの説明書については「厚生労働省ホームページ」(外部リンクが開きます)をご覧ください。

 

初回接種(使用ワクチンによって接種回数・対象年齢が異なります)

shokai.jpg

 乳幼児(生後6か月~4歳)用のファイザー社ワクチン(生後6か月~4歳で接種する有効成分の1回あたりの量は、5~11歳で接種する量の30%、12歳以上で接種する量の10%になります。)

※初回接種の途中で5歳または6歳の誕生日を迎えた場合も、原則として同じワクチンを接種する必要があります。

※小児(5~11歳)用の新型コロナワクチン接種についてはこちら

 

追加接種

tuika.jpg

※すでに1回目または2回目を「従来型ワクチン」で接種した方について、9月20日以降に次回接種を受ける場合は、「オミクロン株(XBB.1.5)対応ワクチン」を使用します。この場合は、交互接種となるため、2回目は、前回接種から4週間(27日)以上の間隔を空けて接種します。なお、3回目については、変更なく、前回接種から8週間(55日)以上の間隔をあけて接種します。

 

接種について

 医療機関での接種(個別接種)を実施しています。

接種を希望される方は医療機関に直接お申し込みください。

使用ワクチン・接種日程は医療機関によって異なります。予約の際にご確認をお願いします。

nyuuyouji1005.jpg

 

接種当日の持ち物

・接種券付予診票(接種回数にあった予診票をお使いください。回数は予診票の右上で確認できます。)

・本人確認書類(健康保険証、マイナンバーカード等)

母子健康手帳(接種済証の役割となります)

 

接種にあたっての注意事項

・接種当日は予診、接種に同席できる保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です。会場が密になるのを防ぐため、同伴者は原則1名でお願いします。

・接種日の2週間以内に他の予防接種(インフルエンザワクチンを除く)は控えてください。

・接種前に体温を測定し、37.5℃以上ある場合や体調が悪い場合は、接種をお控えください。

・接種当日はすぐに肩を出せる服装でお越しください。

 

乳幼児(生後6か月~4歳)の新型コロナワクチン接種に関する資料

 厚生労働省ホームページ「生後6か月~4歳の子どもへの接種(乳幼児接種)についてのお知らせ」

 新型コロナワクチンに関するQ&A