【直近の感染状況】

 現在、岐阜県では、今月15日に決定した対策「『第7波』急拡大防止に向けて」により対策を鋭意進めていますが、第7波は、これまでの感染の波をはるかに上回るスピードで急拡大しており、感染のピークはいまだ見通すことが困難な状況です。

 また、感染力が強い「BA.5」系統へ7割強置き換わりが進んだこともあり、 昨日、1日の新規陽性者数で初めての3千人超えとなる3,449人が確認されました。人口10万人あたりの新規陽性者数(7日間移動合計)は 758.46人となり、第6波のピーク時(333.70人)の2.3倍近い水準となっており、これに連動して自宅療養者数も1万人を超えて増加しています。

 

【感染急拡大による医療ひっ迫】

 こうした感染急拡大により各地で医療ひっ迫が相次ぎ、コロナ医療だけでなく一般医療にも多大な影響を及ぼしています。

・先の3連休には、感染急拡大と医療機関の休診が重なり、救急外来を開設している一部の病院に患者が集中し、対応に苦慮した

・各地の医療機関で、病棟の閉鎖や入退院の制限に追い込まれている

・子どもの感染者増加に伴い、小児クリニックにおいて受診予約が取りにくい状況となるとともに、病院の夜間小児救急外来に多数の患者が押し寄せ、小児の入院患者も急増している

・救急搬送困難事案が今月に入り36件となり、コロナ発生後の最高水準となっている

 

 コロナ対策のもう一つの最前線である保健所対応も限界を来しています。7月16日以降、陽性者の同居家族に対する行政検査をハイリスクの方に限定し、療養先を検討するための聞き取り調査もハイリスク以外は大幅に簡素化するなど、業務の縮小・再整理に順次取り組んでいます。

 このような対応をとってもなお、感染急拡大が続けば、保健所から陽性者に最初に健康状態などをお聞きする、いわゆる「ファーストコール」に相当な時間がかかることが予想されます。

  このままの状況が続けば、助けられる命が助けられなくなる状況も発生しかねません。

 

【今後の対応】
・こうした「第7波」急拡大への対応として、重症化リスクの高い高齢者施設、障がい者施設における「検査体制の強化」を図ります。

・若年層への接種率が低迷していることから、感染予防に有効とされている3回目ワクチン接種にも力を入れるなど、引き続き「ワクチン接種の加速化」に取り組みます。

・強い行動制限を行っていない現状では、県民一人 ひとりの「感染防止対策の徹底」へのご理解、ご協力が不可欠です。メリハリのあるマスク着用、手指消毒、密回避、こまめな換気、そして体調不良時 は行動ストップといった基本的な感染防止対策の徹底に取り組んでいただきますようお願いします。