全国でオミクロン株による感染が拡がり、今や「第6波」の渦中にあります。

 岐阜県においても年明け以降、帰省あるいは家族や友人との会食に端を発した感染者が急増しており、すでに8割近くがオミクロン株に置き換わっていると思われます。従って、もはや日常レベルにはなく、これまでにない感染爆発を警戒すべき状況にあります。

 

オミクロン株には以下の警戒すべき特徴があります。

〇高い伝播性
・感染力の強さがデルタ株の3倍程度。沖縄県では2日足らずで感染者が倍、連日過去最多の感染者数を更新するなど、爆発的に感染が拡大しました。

〇短い潜伏期間
・岐阜県の感染例を見ると、デルタ株では5日程度であった発症までの期間が、オミクロン株では3日程度です。

〇ブレークスルー感染の懸念
・英国の報告ではワクチン2回接種から20~24週経過した場合、発症予防効果は10%程度まで低下。県内のオミクロン株感染確定者の大半がワクチン接種済。


 他方で、オミクロン株は重症化リスクが低いといわれていますが、今後、爆発的に感染者が増加すれば、医療提供体制を揺るがすのみならず、エッセンシャルワーカーの確保・維持が難しくなります。その結果、本県が講じてきた対策(例えば「自宅療養者ゼロ」)をはるかに凌駕して、病院、福祉施設、企業、学校など社会・経済の基盤となる様々な領域で機能停止に至りかねません。すでに数百人規模の医療従事者が出勤できない県もあります。
 

 こうしたことから、「第6波」の拡大阻止に向けて、緊急対策を一段と強化していきます。
 皆様におかれましては、ご自身や大切なご家族の命、そして地域社会・経済を守るため、引き続き一丸となって「オール岐阜」での取組みをお願いします。

 そして、これらの対策によっても、感染に歯止めがかからないと判断した場合は、速やかにさらに強力な対策を講じます。

 当面の対策など、詳しくは岐阜県のホームページをご覧ください。

 

オミクロン株緊急対策  

 「基本的な感染防止対策」の徹底をはじめとするこれまでの対策に加え、以下を早急に実施します。
 皆様もご協力をお願いします。

感染防止対策の強化

〇オミクロン株に対しても、これまで同様、以下の「基本的感染防止対策」の徹底を継続します。
・マスク着用(不織布マスクで隙間なくフィット)
・手指衛生(頻繁な手洗い、消毒)
・密回避(密閉・密集・密接のどれか一つでも回避)
・こまめに換気(換気扇の常時稼働や窓・扉の開放による1時間に2回以上の換気)
・体調管理(体調不良時には出勤・通学・出張・旅行を含む全ての行動をストップ)

〇感染リスクが高まる以下の「5つの場面」の回避。

・飲酒を伴う懇親会等(注意力が低下する、大声になりやすい)
・大人数や長時間に及ぶ飲食(2次会・3次会、深夜のはしご酒等)
・マスクなしでの会話(車やバスでの移動の際も要注意)
・狭い空間での共同生活(寮の部屋やトイレなど共用部分は要注意)
・居場所の切り替わり(休憩室、更衣室、喫煙室等は要注意)

移動

・重点措置区域などの感染拡大地域への不要不急の移動は極力回避してください。やむなく移動する際の検査を推奨します。

  ※無症状の方を対象としたコロナ無料検査を実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。

・県旅行割引キャンペーンの実施を見送りします(隣県拡大、県民向けともに)。

飲食

・大人数・長時間を避けてください(4人まで、2時間以内が目安)。

イベント等

・「当面の開催方針」(人数制限、時間短縮、飲食機会回避等)を徹底。

 

PDFファイルをご覧になるには

アドビリーダーが必要です。無償で提供されていますので、ダウンロードしてご使用ください。

アドビリーダー