企画展「笠松トンボ天国はいま~生き物たちの姿を見つめて~」開催2021年9月12日

 県下一のビオトープである笠松トンボ天国では、30種余のトンボのほか、水生植物や魚類、両生類、昆虫、鳥類など多くの生き物が生息しています。しかし近年、水質の悪化とあいまって外来種の数が急増し、トンボをはじめ在来の生き物が減少しつつあります。トンボたちの楽園を守るためにはどうしたらよいのか、多数の写真から生き物たちの姿を見つめ、皆で考えてみましょう。

マスクを着用のうえ、お気をつけてご来館ください。

 

来館者のみなさまへ「新型コロナウイルス感染症予防に関するお願い」

 

展示期間

令和3年10月1日(金曜日)から24日(日曜日)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催日を変更しました。

 

【開館時間】 午前9時から午後5時まで 

【休 館 日】  月曜日(祝日の場合はその翌日)

【入 館 料】   無料

 

場所・アクセス

 笠松町歴史未来館(岐阜県羽島郡笠松町下本町87番地)

  名鉄笠松駅から徒歩15分
  名鉄笠松駅から公共施設巡回町民バス下門間ゆきに乗って10分、歴史未来館前下車

 ※駐車場有

 

 笠松町歴史未来館の詳細についてはこちらをクリックしてください。 

 

企画展ポスター

企画展「笠松トンボ天国はいま~生き物たちの姿を見つめて~」

 

企画展「笠松トンボ天国はいま~生き物たちの姿を見つめて~」(PDF形式3MB)

 

PDFファイルをご覧になるには

アドビリーダーが必要です。無償で提供されていますので、ダウンロードしてご使用ください。

アドビリーダー

 

 

地図

笠松町歴史未来館

お問い合わせ

歴史未来館
電話:058-388-0161