笠松中学校の生徒より資源ごみリサイクルパネルを寄贈いただきました2021年3月25日

 リサイクルパネル1.JPG 資源ごみリサイクルパネル.JPG

 令和3年3月25日(木曜日)、笠松中学校の生徒より、「資源ごみリサイクルパネル」を寄贈いただきました。

 今回は、SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標のうち、「12.つくる責任 つかう責任」をテーマに研究を重ねました。リサイクルパネルには、町が4月1日から開始する公共施設での資源ごみ回収の対象品目のリサイクルの流れを絵や文字で分かりやすくまとめました。

 寄贈式では「今回の取り組みを通じて、身近なリサイクルから住みよい環境を将来にわたって維持していきたいと思うようになりました。」と意識の変化についても話してくれました。

 寄贈いただきましたリサイクルパネルは、各資源ごみ回収所(中央公民館、松枝公民館、総合会館)に設置します。

 

 撮影日 令和3年3月25日