岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第9弾)(第10弾)

 次のとおり、全ての期間において営業時間の短縮が要請され、ご協力いただける飲食店、喫茶店、遊興施設などの事業者に対して協力金が支給されます。

  まん延防止等重点措置

要請期間

1月21日(金)から2月13日(日)

【期間延長】

2月14日(月)から3月6日(日)

※1月22日(土)または23日(日)からの開始も認められます

【期間再延長】

3月7日(月)から3月21日(月)

要請内容

営業時間:午前5時から午後8時まで

※終日酒類の提供を行わないこと

<第三者認証店(新型コロナ対策実施店舗向けステッカー取得店舗)>

次の(1)、(2)のいずれかを選択 ※1

(1)営業時間:午前5時から午後8時まで

 酒類の提供:終日酒類の提供停止(持ち込みを含む)

(2)営業時間:午前5時から午後9時まで

 酒類の提供:午前11時から午後8時まで

<非認証店>

(3)営業時間:午前5時から午後8時まで

 酒類の提供:終日酒類の提供停止(持ち込みを含む)

※同一グループの同一テーブル5人以上の会食は避ける(特別措置法第24条第9項)

※ワクチン・検査パッケージ制度と対象者全員検査による行動制限の緩和は行いません

対象施設

  • 飲食店(居酒屋を含む)喫茶店など(宅配、テイクアウトサービスを除く。結婚式場などは飲食店と同様の扱い。)
  • 遊興施設など(バー、カラオケボックスなどで、食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗。ネットカフェ、マンガ喫茶など、夜間の長期滞在を目的とした利用が相当程度見込まれる施設を除く。)
協力金

「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第9弾)」の申請方法や詳細についてはこちら(岐阜県ホームページ)

「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第10弾)」の申請方法や詳細についてはこちら(岐阜県ホームページ)

※全期間要請に応じた場合のみ協力金が支給されます

※1<注意>

 認証店は、3月7日~3月21日の要請期間中、(1)(午前5時から午後8時までの営業時間短縮、終日酒類提供停止)と(2)(午前5時から午後9時までの営業時間短縮、酒類提供は午前11時から午後8時まで)を自由に切り替えることができます。ただし、全期間を通じて、(1)選択した場合のみ1日当たりの協力金の支給額が3万円から10万円の枠組みにより算出され、1日でも午後9時までの営業または午後8時までの酒類提供を行った場合は1日あたり2.5万円から7.5万円の枠組みでの算出となります。

新型コロナ対策実施店舗向けステッカー

 「新型コロナ対策実施店舗向けステッカー」の詳細についてはこちら(岐阜県ホームページ)

協力金の不正受給は犯罪です

  • 本協力金の支給決定後、申請要件に該当しない事実や不正等が発覚した場合は、支給決定を取り消します。
  • 申請いただいた店舗が申請要件に該当しているか確認するため、現地確認をさせていただく場合があります。
  • 軽い気持ちで行ったとしても重大な犯罪です。(例:詐欺罪の場合は10年以下の懲役)
  • 以下のような虚偽申告は絶対に行わないでください。

   ・既に廃業しているにもかかわらず営業実態がある様に見せかける。

   ・通常の営業終了時刻が20時より前であるにもかかわらず、以前から20時を超えて営業していたように見せかける。

   ・飲食店等を運営する事業者でないにもかかわらず、対象事業者を装い申請する。

   ・1つの店舗について、複数の申請をする。

お問い合わせ

環境経済課

電話:058-388-1114

環境経済課へのお問い合わせフォームはこちら