営業時間短縮の協力要請に伴う協力金・支援金2021年9月10日

岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第7弾)

 次のとおり、全ての期間において営業時間の短縮が要請され、ご協力いただける飲食店、喫茶店、遊興施設などの事業者に対して協力金が支給されます。

  岐阜県独自の要請 まん延防止等重点措置 緊急事態措置

要請期間

8月17日(火)から8月19日(木) 8月20日(金)から8月26日(木)

8月27日(金)から9月30日(木)

要請内容

営業時間:午前5時から午後8時まで

※酒類の提供は午前11時から午後7時

まで

営業時間:午前5時から午後8時まで

酒類の提供を行わないこと

酒類またはカラオケ設備を提供する飲食店などに対し休業要請

上記以外の飲食店の営業時間:午前5時から午後8時まで

酒類の提供を行わないこと

対象施設

  • 飲食店(居酒屋、喫茶店を含む)
  • 遊興施設など(バーなどで、食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗)
  • 飲食店(居酒屋、喫茶店を含む)
  • 遊興施設など(バーなどで食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗)
  • 飲食業の許可を受けていないカラオケ店舗
協力金

中小企業:1日あたり25,000円から75,000円

 (売上規模に応じて支給・1日あたり飲食業売上高(税抜)×0.3)

大企業:1日あたりの売上高の減少額×0.4

 (上限20万円または売上高×0.3のいずれか低い額。中小企業もこの方式を選択可)

中小企業:1日あたり30,000円から100,000円

 (売上規模に応じて支給・1日あたり飲食業売上高(税抜)×0.4)

大企業:1日あたりの売上高の減少額×0.4

 (上限20万円。中小企業もこの方式を選択可)

中小企業:1日あたり40,000円から100,000円

 (売上規模に応じて支給・1日あたり飲食業売上高(税抜)×0.4)

大企業:1日あたりの売上高の減少額×0.4

 (上限20万円。中小企業もこの方式を選択可)

飲食店営業許可を受けていないカラオケ店舗:1日あたり20,000円

※全期間要請に応じた場合のみ協力金が支給されます

 岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第7弾)の詳細についてはこちら(岐阜県ホームページ)

岐阜県独自の一時支援金

 飲食店における飛沫感染防止対策事業費補助金の詳細についてはこちら(岐阜県ホームページ)

協力金の不正受給は犯罪です。

  • 本協力金の支給決定後、申請要件に該当しない事実や不正等が発覚した場合は、支給決定を取り消します。
  • 申請いただいた店舗が申請要件に該当しているか確認するため、現地確認をさせていただく場合があります。
  • 軽い気持ちで行ったとしても重大な犯罪です。(例:詐欺罪の場合は10年以下の懲役)
  • 以下のような虚偽申告は絶対に行わないでください。

   ・20時を超えて客を滞在させて営業をしているにもかかわらず、時短要請に応じたように見せかける。

   ・既に廃業しているにもかかわらず営業実態がある様に見せかける。

   ・通常の営業終了時刻が20時より前であるにもかかわらず、以前から20時を超えて営業していたように見せかける。

   ・飲食店等を運営する事業者でないにもかかわらず、対象事業者を装い申請する。

   ・1つの店舗について、複数の申請をする。

お問い合わせ

環境経済課
電話:058-388-1114