事業者の新型コロナウイルス感染症の感染防止の取組み2020年7月10日

 岐阜県においては令和2年5月14日に緊急事態宣言の指定区域の対象から除外されました。しかし、あらゆる機会に新型コロナウイルスが潜んでいることを想定し、飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策などをこれまで以上に取り入れた「新しい生活様式」を実践していく必要があります。

 そのような状況下における事業継続には、人と身体的距離をとることによる接触を減らすこと、マスクをすること、手洗いをするなどの感染防止の取り組みが必要不可欠であることから、県では「コロナ社会を生き抜く行動指針」を策定し感染防止に努めているところです。

 町民一人ひとりが、日常生活の中で新しい生活様式を心掛けることで、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大を防ぐことができます。ご自身のみならず大事な家族や、皆様の事業、お客様や従業員を守るためにも、行動指針を参考に具体的な対策ガイドライン、運営マニュアルを作成・実践し積極的な感染防止の取り組みをお願いします。

「コロナ社会を生き抜く行動指針」の詳細についてはこちら(岐阜県ホームページ)

PDFファイルをご覧になるには

アドビリーダーが必要です。無償で提供されていますので、ダウンロードしてご使用ください。

アドビリーダー

お問い合わせ

環境経済課
電話:058-388-1114