ガラス板写真(乾板写真)2017年2月8日

ガラス板写真(乾板写真)

 円城寺の片桐二郎(1907-1978)は20代の頃から写真撮影を趣味として、昭和初期の笠松の風景や行事を撮影した。

約400枚のガラス判が現存し、保存状態もきわめてよい。

 

 家族写真

 家族写真

 

 木曽川で泳ぐ子ども達

 木曽川と聖牛

 遠景に聖牛が見える。

 

 笠松小学校運動場でグライダーを飛ばす高等科の生徒たち

 グライダー

 

 棒術訓練

 棒術訓練

 

 木曽川に広がる砂地でグライダーを飛ばす

 グライダー グライダー

 

 寺の梵鐘の供出

 梵鐘の供出 梵鐘の供出

 戦時色が徐々に濃くなり、金属が各家庭からも供出された。

 

 共同作業班

 共同作業班 共同作業班 脱穀作業

 稲刈りや脱穀の農作業を共同で行った。

 

 木曽川を行き交う帆掛け舟

 帆掛け船

 木曽川で採取した丸石を運んだ。笠松湊には丸石が積み上げられていた。

 

 完成した木曽川鉄橋から人道橋を撮る

 人道橋

 明治43年に架けられた木橋は老朽化のため、昭和12年現在の鉄橋に変わった。

 木橋の撤去後、残されていた橋脚の基礎部分は平成24年に全て撤去された。

 

お問い合わせ

歴史未来館
電話:058-388-0161