9 郷土・戦争2017年2月1日

戦争

資料番号267「運動会プログラム(昭和15年 笠松尋常高等小学校)」

 

   運動会プログラム

 

   戦争の色が濃くなり、高等部女子による「挺身競争」などの競技種目がみえる。

 

 

資料番号612「慰問袋」

 

   慰問袋

 

   戦地の出征兵士を慰めるため、日用品などを入れて送った袋。晒し木綿製。

 

 

資料番号612「チョッキ」

 

   千人針チョッキ 千人針チョッキ

 

   弾除けの願いを込め、裏に無数の「力」の文字が書かれている。「千人針」が縫い込まれた。

 

 

資料番号612「日の丸寄書き」

 

   日の丸 寄せ書き

   

   出征兵士の武運長久を祈り、家族・知人等が書いた。

 

 

資料番号612「腹巻」

 

   千人針腹巻

 

   弾除けとして中央に五銭玉を縫い込んだ「千人針」。出征兵士の無事を祈った。

 

 

資料番号612「防空頭巾」

 

   防空頭巾

 

   空襲に備え、綿入れの厚手の頭巾を各人が常備した。住所や名前を書いた白布を縫い付けた。

 

 

資料番号1757「国民服」  資料番号612「国民服儀礼章」

 

   国民服 肩章

 

   国民服は昭和15年に定められ、太平洋戦争中に使用された男子の標準服である。

   改まった席では儀礼章をつけ、礼装とした。

 

 

資料番号2185「陸軍に出征した兵士を歓迎する幟」

 

   幟

 

   木綿布に手書きで書かれている。

 

 

資料番号4202「家庭防空指導要領」

 

   防災指導要領 防災指導要領

 

   (昭和16年2月)空襲に備え、町内会や家庭の備え方指導書。

 

貯蓄債権

 

   貯蓄債権

 

   「支那事変」による軍費確保のために国民から資金を吸収する目的で、日本勧業銀行によって発行された。

 

 

 濃尾震災

 震災損害免税嘆願書

 

   震災損害免税嘆願書

 

   羽葉栗郡田代村住民から岐阜県知事小崎利準宛に出された嘆願書。

 

 

濃尾震災体験日誌

 

   濃尾震災体験日誌

 

   明治24年(1891)の濃尾震災で被害をうけた港町の商人が克明に書き残した記録。

 

 

震災で焼けた寺院山門の梁

 

   梁

 

 

火災損害届(写)と被害家屋建築許可証

 

   損害届(写) 許可証

 

 

八幡神社

懸仏と裏書き

 

   懸仏 裏書き

  

   裏書きに「尾張葉栗郡冨田郷笠田里 南無八幡大菩薩御寳前」とあり、

   第6代美濃国守護土岐頼益により奉納された。

 

 

 

第11代将軍徳川家斉寄進の御前幕とその裏書き

 

   御前幕 裏書き

 

   第11代将軍徳川家斉により寄進された。郡代辻富守による裏書きがある。

 

お問い合わせ

歴史未来館
電話:058-388-0161