HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

資源ごみ分別回収の注意点2016年3月25日

注意事項

  • 収集時間  必ず朝7時から8時までの間に出してください。
  • 「資源回収です」ごみを集めているわけではありません。汚れたままでは、出さないでください。
  • 持ち寄った資源ごみは、品目ごとに必ず自分で回収容器に入れてください。

 

資源1

プラスチック製容器包装

  • 汚れているものは水洗いしてください。
  • 汚れが取れないものは「家庭系燃えるごみ」に出してください。
  • トレーなどに貼ってあるラベル(値札など)は、剥がさなくても結構です。
  • 大きな発砲スチロールは、他のプラスチック製容器包装とは分けてポリ袋に入れて出してください。

資源2

古紙

  • ひもでしばって出してください。

古着・古布

  • 古着は、あくまでも着られる物が対象です。
  • 古布は、タオル類(タオルケット)、シーツ、ハンカチなどです。
  • ポリ袋に入れて出してください。
  • ぬれた物はリサイクル(再使用)できません。
  • 布団など「わた」の入ったものや、汚れのひどいものは出せません。
  • 破れた衣類、靴下、下着は、30センチ以下に切って「家庭系燃えるごみ」またはそのまま「燃える大型ごみ」へ

資源3

  • カン
    • 「アルミ缶」「スチール缶」「スプレー缶・カセットボンベ」に分別して出してください。
    • スプレー缶・カセットボンベは中身を使い切って出してください。穴あけは必要ありません。
    • ふたは外して「金物・ガレキ」で出してください。
  • ビン
    • 水洗いしてキャップ(ふた)、中栓を外して出してください。 
    • ラベルは剥がさなくても結構です。
  • ペットボトル
    • キャップやラベルは必ず外して「プラスチック製容器包装」で出してください。 
    • 色付きペットボトルも一緒に出せます。
  • 紙製容器包装
    • 「紙」の表示マークが付いているものを、紙製の手提げ袋にいれて出してください。 
    • ひもで縛っても可 
    • ガムテープなどで止めないでください。
  • 有害物(乾電池・蛍光灯)
    • 蛍光管は、割れないようなるべく取替え時に新品が入っていた箱に入れて出してください。 
    • 割れた蛍光管、白熱電球は「金物・ガレキ」へ

資源ごみの行方

(財)日本容器包装リサイクル協会ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

環境経済課
電話:058-388-1114