白川町との災害時における相互応援協力2006年9月1日

町では、平成7年1月17日に発生しました阪神・淡路大震災以来、防災計画の見直しを行うとともに、各種防災対策の充実強化を図ってきました。その一環として、加茂郡白川町と災害時における相互応援盟約を平成8年10月22日に締結しました。両町ではこの盟約締結を期に、それぞれの地域の特性を活かして、教育文化、産業経済、観光、福祉などの分野での交流事業を進めながら友好を深め、有事の際の相互応援協力体制を構築しています。

事業経緯

平成8年10月22日 災害時における相互応援盟約
平成8年10月27日 リバーサイドカーニバルに白川町物産販売出店(以後現在も継続)
平成8年11月3日 美濃白川ふるさとまつりに笠松町物産販売出店(以後現在も継続)
平成9年3月18日 笠松町小規模授産所生が白川町白竹作業所を訪問・交流
平成9年6月13日 笠松中学校生が白川中学校を訪問・交流(以後平成11年まで継続)
平成9年10月12日 リバーサイドカーニバルに白竹作業所参加・物販出店(以後平成12年まで継続)
平成18年8月8日 美濃白川「山の日のつどい」へ笠松町の親子約120名が参加(以後現在も継続)

 

お問い合わせ

企画課
電話:058-388-1113