岐阜市との行政協力2006年4月1日

 平成8年3月に、岐阜市長と笠松町長が会議で同席した際に、両長の間で広域行政の必要性について話題になり、岐阜地域広域市町村圏協議会が進めている広域連携のほかに、個々の事業のうち、どのような事項が連携可能か検討することとなりました。
以後、両市町の企画課などでの会議が重ねられ、他の岐阜地域広域市町村圏構成市町村へ同様な呼びかけを行いましたが合意が得られず、当面は岐阜市と笠松町の間で協定を結び、共同施設の建設整備および既存施設の相互利用、並びに事務事業の共同実施、その他連携の可能性などについて、積極的に検討することとなりました。
 平成8年12月24日に、「岐阜市・笠松町共同声明」調印後、両市町の事業課から連携可能な事業の洗い出し作業を行い、協力可能な事務事業から随時実施してきました。
 平成10年4月より岐阜市と笠松町との間で、先駆けて各種証明書の相互発行を開始し、この広域相互発行サービスは現在では、岐阜圏域・西濃圏域・中濃圏域の25市町村の間で住民票などの相互発行を行っています。

事業経緯

平成8年12月24日 岐阜市・笠松町共同声明
平成9年7月31日 ぎふ長良川夏まつりに、円城寺芭蕉踊りが出演
平成9年10月5日 ぎふ信長まつりに、笠松大名行列お奴が出演
平成9年10月12日 リバーサイドカーニバルに、鵜匠による鵜飼などが出演出店
平成9年12月24日 証明書交付などの事務委託に関する協議書締結
平成10年4月1日 各種証明書の相互発行開始
平成10年6月15日 上水道相互連絡管設置に関する協定書締結
平成10年9月1日 上水道相互連絡管運用開始
平成11年4月1日 戸籍謄抄本、除籍謄抄本相互発行開始
平成12年7月3日 岐阜圏域・西濃圏域・中濃圏域44市町村の間で住民票などの相互発行開始

お問い合わせ

企画課
電話:058-388-1113