国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証2021年8月1日

 国民健康保険に加入している70歳以上75歳未満の方には、自己負担割合を表示した被保険者証兼高齢受給者証(以下「保険証兼高齢受給者証」)を交付します。
 保険証兼高齢受給者証は、70歳の誕生月(1日生まれの方は誕生月の前月)に郵送します。70歳の誕生月の翌月(1日生まれの方は誕生月)から適用されます。

 

70歳以上75歳未満の人の自己負担割合

現役並み所得者以外  2割 
現役並み所得者  3割 

保険証兼高齢受給者証の更新・有効期限

 保険証兼高齢受給者証は毎年8月に自己負担割合の見直しを行い、翌年7月31日が有効期限となります。ただし、有効期限内に75歳の誕生日を迎える方は、誕生日の前日が有効期限となります。

 また、年度の途中で国保資格の異動や所得の修正などがあった場合には、自己負担割合を再判定します。再判定の結果、自己負担割合が変更となる場合は新しい保険証兼高齢受給者証を交付します。

現役並み所得者とは

 70歳以上75歳未満の国民健康保険加入者で、住民税課税所得(各種控除後)が145万円以上の方、およびその方と同じ世帯の方。
 ただし、その世帯の上記対象者の年収が合計520万円未満(該当者が1人の世帯では年収383万円未満)の場合は、申請により自己負担割合が2割になります。

お問い合わせ

住民課
電話:058-388-1115