開発行為の許可申請2016年2月4日

都市計画区域内で、開発行為(主として建築物の建築又は、特定工作物の建築を目的として行う土地の区画形質の変更)をする場合は、岐阜県による許可が必要です。ただし、開発面積が市街化区域で1,000平方メートル未満の場合は、許可は不要です。詳しくは、岐阜県の開発許可の手引きをご覧ください。
 なお、笠松町の市街化区域の決定は、昭和46年3月31日です。

申請手続き

 開発行為の許可を申請される場合は、下記の書類を3部(正本1部、副本1部、正本の写し1部)を町へ提出してください。

 笠松町の開発許可については、岐阜・西濃建築事務所(大垣市江崎町422-3 西濃総合庁舎内 0584-73-1111)において審査、許可となります。

  • 開発行為許可申請書
  • 添付する設計図書
     自己住居用、自己業務用、自己以外の区分により設計図書を添付する。詳しくは、岐阜県の開発許可の手引きをご覧ください。

申請前に協議すること

  1. 公共施設の管理者の同意および協議(申請地に接する道路や水路の管理者と協議してください。)
  2. 給水および排水先などの協議。
    • 上下水道については、水道課と協議してください。
    • 消防水利については、総務課と協議してください。
  3. 農地法の許可申請(開発行為申請と同時に進める)
    • 環境経済課へお問い合わせください。
  4. 河川法に関する協議(堤防敷から28m以内の範囲にかかる場合)。

PDFをご覧になるには

 アドビリーダーが必要です。無償で提供されていますので、ダウンロードしてご使用ください。

 アドビリーダー

お問い合わせ

建設課
電話:058-388-1117