税金のお返し2019年5月1日

過誤納金

 過誤納金とは、町税を誤って二重に納付されたり、すべて納付された後に所得税の確定申告により課税額が減額されたりした場合などによって納め過ぎた金額のことをいいます。

充当と還付

 過誤納金は、滞納している町税に充てさせていただきます。これを充当といいます。充当してもなお過誤納金がある場合は、納められた方にお返しします。このことを還付といい、還付することになった金額を還付金といいます。
 過誤納金を充当した方や還付金が発生した方には、過誤納金還付・充当通知書を送付しますので、お手元に届きましたら内容をご確認ください。なお還付金の振り込み先が確認できない場合や、充当する税目などについて、職員がご連絡する場合があります。

還付金のお返し

 通常、納められた方の口座名義通帳に振り込む方法(口座振込還付)を行っておりますが、口座番号などが不明な場合や、ご希望の方は、役場会計課窓口にて現金を受け取る方法(窓口払還付)もあります。
 なお、還付金のお返し方法でご希望や変更がある方は、過誤納金還付・充当通知書がお手元に届いた後に税務課にご連絡ください。

口座振込還付

 還付金のお返しは主にこの方法で行っています。過誤納金還付・充当通知書がお手元に届きましたら、その中に記載されている振り込み先が間違っていないかご確認ください。1週間から2週間ほどで口座名義通帳に振り込みいたします。

窓口払還付

 過誤納金還付・充当通知書がお手元に届きましたら、その通知書と印鑑をお持ちになって役場1階会計課窓口へお越しください。なお開庁時間の午前8時30分から午後5時15分以外の時間帯や、土曜日、日曜日および祝祭日など役場閉庁時にはお取り扱いできません。また通知書に還付金をお返しできる日時の指定がある場合は、指定日時以降に来庁していただきますようお願いします。

 令和○○年△△月××日の午前10時以降

注意事項
 還付金の支払請求権は、過誤納金還付・充当通知書の発送日から5年を経過すると無効になり、還付金を受け取ることができなくなります。また税金以外の水道料金、介護保険料、保育料などに滞納がある方の還付金の支払請求権は、滞納処分の対象債権として差押えをうける可能性があります。

お問い合わせ

税務課
電話:058-388-1112