HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

若手職員によるタスクチームが発足しました2019年10月1日

任命式の様子古田町長からの挨拶部や課をまたいだタスクチーム

 

 10月1日(火曜日)、町の重要な課題に対して若手職員のアイデアを取り入れるとともに、行政のスピード化・効率化を図るため、「笠松応援寄附金(ふるさと納税)」と「広報活動」にスポットを当てた組織横断型のタスクチームが発足しました。
 この日は、古田町長からプロジェクトに参加する若手職員14人に任命書が手渡され、「これから先、最も長く町政運営に携わっていくのは若手職員の皆さんです。長い目でみた町の発展も念頭に置いた面白い提案が聞けることを期待しています。」と挨拶がありました。
 任命式後は、「笠松応援寄附金リノベーション研究会」と「新時代広報戦略研究会」のチームに分かれて、今後の進め方などをメンバーで話し合いました。年内の提案に向け、課題の研究やアイディアの実現に向けた議論を進めていく予定です。

撮影日 令和元年10月1日

 

お問い合わせ

企画課
電話:058-388-1113