HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

平成30年度決算(下水道)2019年10月1日

 下水道事業特別会計の決算は、予算に基づいた事業を行い、4月から翌年3月までの1年間にどのような収入があり、何にどれだけ支出したかの結果報告です。

決算報告書

平成30年度(決算)
 

 〈歳入・歳出〉

               平成30年度決算 歳入・歳出一覧表  

  収入   支出
使用料 245,698,174円 総務管理費 194,064,273円
手数料 536,000円 下水道整備費 68,706,182円
繰入金 320,745,000円   公共下水道事業費 55,196,243円
繰越金 15,261,325円   流域下水道事業費 13,509,939円
預金利子 0円 公債費 500,689,324円
雑入 1,487,166円   元金 398,059,669円
町債 207,500,000円   利子 102,629,655円
    繰出金 0円
    予備費 0円
合計  791,227,665円 合計 763,459,779円
   歳入歳出差引残額 27,767,886円

 なお、歳入歳出差引残額は、下水道事業について地方公営企業が適用されたことに伴い、同法の規定による特別会計へ引き継ぎます。

 

 

 〈地方債残高〉

    平成30年度 公共下水道事業地方債残高 

借入先名称 年度末未償還元金 件数
財務省東海財務局 1,401,399,431円 24件
地方公共団体金融機構 982,465,482円 40件
旧郵政公社 1,157,373,964円 9件
十六銀行 11,700,000円 1件
岐阜信用金庫 13,885,260円

2件

大垣西濃信用金庫 3,150,000円

1件

合計 3,569,974,137円 77件

 

  

    平成30年度 流域下水道事業地方債残高 

借入先名称 年度末末償還元金 件数
財務省東海財務局 292,183,232円 28件
地方公共団体金融機構 187,101,312円 22件
合計 479,284,544円 50件

 

 

       平成30年度 資本費平準化債残高 

借入先名称 年度末未償還元金 件数
財務省東海財務局 150,000,000円 1件
十六銀行 150,000,000円 1件
岐阜信用金庫 162,000,000円 1件
合計 462,000,000円 3件


 地方債残高は、決算時において公共下水道工事等の目的で借り入れした地方債の残高および件数を示すものです。

 

 

 〈民間的経営手法の導入状況〉
  アウトソーシングの実施

  • ポンプ場管理業務
  • 管路清掃業務
  • 管路調査、補修業務
  • 水質・汚泥分析業務

 

用語解説
使用料 2ヶ月ごとに排除した汚水の量に応じて徴収する下水道使用料
補助金 下水道施設の設置に要する費用に対する国の補助
繰入金 一般会計からの繰入金
町債 建設事業費を地方債から借り入れ
総務管理費 事業活動の全般に要する費用
公共下水道事業費 公共下水道の整備に要する費用
流域下水道事業費 木曽川右岸流域下水道建設負担金など
元金 地方債に対する支払元金
利子 地方債に対する支払利息など

 

 

 

お問い合わせ

水道課
電話:058-388-1118
ファクシミリ:058-387-8250