HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

岐阜都市計画区域マスタープランの定期見直しを実施しています2019年3月1日

 

 当町では、岐阜都市計画区域マスタープランの改定(2020年予定)に向けて、岐阜都市計画区域の構成市町と共同で計画の見直しを実施しています。

岐阜都市計画区域マスタープランと笠松町都市計画マスタープランの違い

 都市計画区域マスタープランは、都市として一体的に整備、開発及び保全すべき都市計画区域全域を対象として、区域区分をはじめとした都市計画の基本的な方針を定めています。笠松町は、岐阜市、瑞穂市、岐南町、北方町とともに岐阜都市計画区域を構成しており、岐阜都市計画区域を構成する市町が作成した岐阜都市計画区域マスタープラン(申出素案)をもとに、岐阜県が広域的な視野に立って岐阜都市計画区域マスタープランを定めます。

 笠松町都市計画マスタープランは、上位計画である岐阜都市計画区域マスタープランに即して、笠松町がより地域に密着した視点に立って笠松町全域を対象とした都市計画の方針を定めるものです。

都市計画区域マスタープランで定める主な内容

 都市計画区域マスタープランで定める主な内容は次のとおりです。

  1 都市計画の目標

  • 都市づくりの基本理念
  • 地域毎の市街地像(まちづくりのイメージ)
  • 各種の社会的課題への都市計画としての対応
  • 当該都市計画区域の広域的位置づけ   

  2 区域区分の決定の有無及び区域区分を定める際の方針   

  • 区域区分の有無
  • 区域区分の方針

  3 主要な都市計画の決定の方針

  • 土地利用に関する主要な都市計画の決定の方針
  • 都市施設の整備に関する主要な都市計画の決定の方針
  • 市街地開発事業に関する主要な都市計画の決定の方針
  • 自然的環境の整備又は保全に関する都市計画の決定の方針

岐阜都市計画区域マスタープランの定期見直しについて

岐阜都市計画区域マスタープランの定期見直し概要(PDF形式990KB)

PDFファイルをご覧になるには

 アドビリーダーが必要です。無償で提供されていますので、ダウンロードしてご使用ください。

アドビリーダー

お問い合わせ

建設課
電話:058-388-1117