HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

平成28年7月13日発生事故の事故後の対応について2017年6月16日

安全対策について

 笠松町公共施設巡回町民バスにおいて、平成28年7月13日に発生いたしました死亡事故について、二度とこのような痛ましい事故がおこらないよう下記のとおり安全対策、再発防止策に努めております。

(平成28年7月14日)

・委託業者、運転手、町職員が一緒になり運行ルート上における危険箇所の洗い出しを実施しました。

〈対応〉注意喚起の看板の設置(平成28年7月)、カーブミラーの新設1箇所・交換1箇所(平成28年8月)、見通しを悪化させている雑草の草刈り(平成28年9月)、停止線の変更(平成28年10月)、左折しづらいコーナーの縁石切除(平成28年11月)、右左折時に脱輪の危険のある水路への隅切り設置(平成29年3月)。

(平成28年7月29日)

・全運転手に対し実際の事故映像を基に対策講座や、安全運行に対する教育指導を実施しました。

(平成28年9月16日)

・町議会議員による運行ルートの視察を実施し、いただいたご意見をもとに運行ルート変更を検討しました。

〈対応〉道路幅が狭い箇所や危険な箇所を運行することになること、1時間に1運行の基本を守れなくなるなど、優位性を見出すことができなかった為、現行ルートの変更は行っておりません。

中部運輸局岐阜運輸支局による監査について

 事故の発生を受け、平成28年11月22日中部運輸局岐阜運輸支局による監査が行われ、平成29年1月17日に業務の改善に係る警告書を受領いたしました。

 警告内容につきましてはそれぞれ改善を行い、平成29年5月9日に中部運輸局岐阜運輸支局へ事業改善報告書を提出し、受理されました。

お問い合わせ

企画課
電話:058-388-1113