HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

地籍調査期間中に境界が決まらない場合は2019年9月4日

 隣接土地所有者との話し合いがつかず境界が決定しなかった場合、『筆界未定』として処理され、調査と測量を除外します。その後、筆界未定になった土地の境界を確定しようとした場合、自分たちの費用で土地家屋調査士に依頼し登記をすることになり、高額な費用と大変な手間がかかることになります。

 筆界未定となった土地では、地目の変更や分割の手続きができなくなり、土地取引や抵当権の設定が大変困難になるなど、さまざまな不便が生じます。境界の確認は隣接土地所有者としっかり話し合い、必ず決めていただくことをおすすめします。

 

お問い合わせ

建設課
電話:058-388-1117