HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

生ごみは水切りをして出しましょう2016年6月8日

「生ごみ」の中で約80%は水分と言われています。

また、生ごみの水分は腐敗や悪臭の主な原因です。

「水切り」をすることで、腐敗や悪臭の防止やごみの減量につながります。

 水切りの方法はいろいろ

1.まずは水にぬらさない工夫をしてみましょう

・野菜の皮や食材の使わないところは洗う前に切り落とし、直接ごみ袋へ捨てましょう

・食材の包み紙などのぬれていないごみは、直接ごみ箱へ捨てましょう

2.水切りグッズを使ってみましょう

・三角コーナーにかける水切りネットや、シリコン素材でできていて直接しぼれる三角コーナーなど、水切りグッズを使ってみましょう

 

 水切りをすると悪臭の防止やごみの減量につながります

1.ごみが軽くなり、ごみ出しが楽になります

 

2.生ごみの嫌なにおいが減ります

 

3.各世帯あたり1年間に約17kgのごみ量の減量になります。 (出典 名古屋市環境局HP)

つまり、笠松町全体で年間約150トンのごみが削減されます。

 

 

 

 

お問い合わせ

環境経済課
電話:058-388-1114