HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

ごみの削減にご協力をお願いします2016年6月8日

岐阜羽島衛生施設組合ごみ焼却施設の稼動停止に伴い、平成28年4月から県外の焼却施設でごみ処理をしており、ごみ処理費用が増加しています。

 燃えるごみの焼却処理にかかる費用

【岐阜羽島衛生施設組合稼動期間中の平均負担額】

岐阜羽島衛生施設組合負担金 3億200万円

 

【平成28年度予算額】

民間施設搬入業務委託     9,081万円

燃えるごみ処分事業     2億1,068万円

可燃ごみ積替等業務委託    6,976万円

 合計             3億7,125万円

 

年間 6,925万円の負担増となります。

 

 そこで、より一層のごみの減量が必要となります

 そのため、次のことに気をつけてください。

 

1.必要な物を必要な分だけ購入し無駄にしない

 

2.生ごみは必ず水切りをする

※水切りに関する説明はこちら

 

3.生ごみ処理装置を活用する

※生ごみ処理装置の購入助成金の説明はこちら

 

4.ごみの分別を行い、資源ごみは資源回収に出す

 

 

 

お問い合わせ

環境経済課
電話:058-388-1114