HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

年末年始地域安全運動のお知らせ2017年11月27日

「ゆく年くる年 みんなで守ろう 地域の安全」

平成29年12月8日(金曜日)から平成30年1月5日(金曜日)までは、「年末年始地域安全運動」期間です。 

 

  • 全国で振り込め詐欺被害が多発しています。

    県内では、動画サイト閲覧料として電子マネーを買わせる架空請求詐欺や、還付金名目でATMまで誘い出す還付金等詐欺、親族や警察官をかたってお金をだまし取ろうとするオレオレ詐欺が多発しています。

    身に覚えのない請求や不審な電話があった場合には、ひとりで判断しないで、家族や最寄りの警察署、交番に相談しましょう。

     

  • 県内では、子どもに対する声かけやつきまとい事案が多発しています。

    地域ぐるみで子どもの安全を見守るとともに、いざという時の対応について、家庭でもよく話し合い、子どもの危険回避能力を高めましょう。

     

  • 県内では、空き巣や忍び込みなどの住宅を対象とする侵入犯罪が多発しています。

    少しの時間の外出でも、必ず玄関ドアや窓などのカギをかけましょう。
    また、防犯性能の高い建物部品を取り付けたり、家の周囲には足場になるようなものを置かないなど、侵入されにくい工夫をしましょう。

     

  • 県内では、自転車の盗難が多発しています。

    少しの時間でも、自転車から離れるときには、必ずカギをかけましょう。

    また、自転車を止めるときは、2つ以上のカギをかける「ツーロック」を心がけるなど、盗難に気をつけましょう。

     

  • 年末年始には、人込みや繁華街に出かける機会が増えることから、スリやひったくりには十分注意しましょう。

    カバンなどの貴重品は車道の反対側でしっかり持つ、自転車のカゴにバッグを入れるときは防犯ネットをつける、周囲の音が聞こえるように耳にイヤホンを付けて歩かないなど、被害に遭わない対策をとりましょう。

お問い合わせ

総務課
電話:058-388-1111