HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

期日前投票と不在者投票2006年4月18日

 仕事や旅行などで、選挙の投票日に投票が困難な人のために、期日前投票や不在者投票の制度が設けられています。

1-1.期日前投票をすることができる人

 笠松町の選挙人名簿に登録されている人で、投票日当日、次の事由に該当する人

  1. 区域を問わず、職務もしくは業務または葬式の喪主等冠婚葬祭の主宰をする人、その人の親族その他社会の通念上これらの人に類する地位にあると認められる人が当該冠婚葬祭において行うべき用務に従事すること。
  2. 1.以外の用務または事故のためにその属する投票区の区域外に旅行または滞在すること。
  3. 疾病、負傷、妊娠、老衰もしくは身体の障害のためもしくは産褥にあるため歩行が困難であることまたは監獄、少年院もしくは婦人補導院に収容されていること。
  4. 交通至難の島などに居住または滞在していること。
  5. 笠松町の区域外の住所に居住していること。

1-2.期日前投票をすることができる場所、日時

場所
  笠松町役場 1階 住民課ロビー前
期間
  選挙期日の告示(公示)の日の翌日から選挙期日の前日までの間
時間
  上記期間中の午前8時30分から午後8時00分までで、土曜日、日曜日、祝日を含みます。

1-3.期日前投票の手続き、必要なもの

手続き

  1. 備え付けの宣誓書に、「選挙の当日投票できない理由」に○印を付け、「氏名」、「性別」、「生年月日」、「住所」を記載して提出します。
  2. 投票用紙が交付されます。
  3. 投票記載所で投票用紙に候補者の氏名(名簿届出政党などの名称または略称)を記入します。
  4. 直接、投票箱に入れます。

 

必要なもの

  • 笠松町選挙管理委員会から送付する「投票所入場券」をお持ちください。
  • 印鑑は必要ありません。

2-1.他市区町村における不在者投票をすることができる人

 長期の出張などで、笠松町を離れていて、投票のために帰ってくることが困難な人

2-2.他市区町村における不在者投票をすることができる場所、日時

場所
  滞在している市区町村の選挙管理委員会
期間
  選挙期日の告示(公示)の日の翌日から選挙期日の前日までの間
時間
  上記の期間中で、滞在先の市区町村の選挙管理委員会の執務時間中

2-3.他市区町村における不在者投票の手続き

  1. 笠松町選挙管理委員会に、宣誓書の交付を請求してください。(なお、衆議院議員総選挙、参議院議員通常選挙の場合は、滞在先市区町村の選挙管理委員会で、宣誓書の交付を受けることができます。)
  2. 交付された宣誓書に必要事項を記入して、笠松町選挙管理委員会に送付してください。(投票用紙の請求になります。)
  3. 笠松町選挙管理委員会から、「投票用紙」、「不在者投票用外封筒および内封筒」、「不在者投票証明書」が書留郵便で送られてきます。
  4. 3.で送られてきた書類を滞在先市区町村の選挙管理委員会に持って行き、指示に従い投票してください。
  5. 投票された投票用紙は、滞在市区町村の選挙管理委員会から笠松町選挙管理委員会に郵送されます。

 

 なお、送られてきた投票用紙に勝手に記入したり、不在者投票証明書の入った封筒を開封したりすると、投票することができません。また、郵送に時間がかかりますので、宣誓書の請求、投票用紙の請求、投票は、できるだけ早めに行ってください。

3-1.病院、老人ホームなどにおける不在者投票をすることができる人

 県の選挙管理委員会が指定する病院および老人ホームなどに入院、入所中の人

3-2.病院、老人ホームなどにおける不在者投票をすることができる場所、手続き

場所
  入院、入所中の病院、老人ホームなど
手続き

  1. それぞれの施設の長などの不在者投票管理者に依頼して、投票用紙を笠松町選挙管理委員会から取り寄せ、自分が入院、入所している施設で投票します。
  2. 投票された投票用紙は、施設から笠松町選挙管理委員会に送られます。

4-1.郵便による不在者投票をすることができる人

  1. 身体障害者手帳を持っていて、次に該当するかた
    1. 両下肢、体幹、移動機能の障がいが1級もしくは2級
    2. 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障がいが1級もしくは3級
    3. 免疫、肝臓の障がいが1級から3級
  2. 戦傷病者手帳を持っていて、次に該当するかた
    1. 両下肢、体幹の障がいが特別項症から第2項症まで
    2. 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障がいが特別項症から第3項症まで
  3. 介護保険の被保険者証の要介護状態区分が要介護5のかた

 

 上記のいずれかに該当する場合は、障がいの程度等を証明する書面を添えて、笠松町選挙管理委員会に「郵便等投票証明書」の交付を請求してください。この証明書の交付を受けていないと郵便投票をすることができません。

4-2.郵便による不在者投票の手続き

  1. 選挙期日の4日前までに、笠松町選挙管理委員会に対し、郵便等投票証明書を提示して投票用紙等の請求をします。
  2. 送られてきた投票用紙に記入し、必ず郵送で笠松町選挙管理委員会へ送付してください。

 

 選挙期日の午後8時までに投票所へ到達していなければならないので、郵送期間を見込んで早めに投函してください。

お問い合わせ

総務課
電話:058-388-1111