HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

道徳のまち笠松 柳田邦男氏講演会の開催2009年2月4日

町では平成19年12月に「笠松町道徳のまちづくり条例」を制定し、さまざまな道徳のまちづくりについて取り組んできました。この度、「笠松人のこころ」を高め、道徳心を大切にした心温まる風土・人づくりについて町民みんなで考えるべく、ノンフィクション作家・評論家の柳田邦男氏をお招きし講演会を開催します。
 皆さんお誘い合わせのうえ、是非お出かけください。
※「笠松人のこころ」とは、歴史と伝統を受け継ぎ個性あるまち笠松に住む私たちが育む「人と人とのつながりをつくる」「自ら社会づくりに参加する」「自分も他人も尊重する」こころのことです。

柳田邦男氏講演会開催案内ポスター

講演テーマ

大変な時代にこそ“こころ”を ~親・地域とこどもの発達~

開催日時

平成21年2月28日(土曜日) 午後6時30分から

開催場所

笠松中央公民館 3階 大ホール
住所 岐阜県羽島郡笠松町常盤町6番地

入場料

無料、託児室も設けています。

駐車場

中央公民館駐車場
注意 駐車台数に限りがありますので、できるだけ乗り合わせて来てください。

講師プロフィール

  • 1936年 栃木県鹿沼市生まれ 東京大学経済学部卒業
  • 1960年 NHK入局 数々の航空機事故を取材
  • 1985年 「日航ジャンボ機墜落事故」発生当時、報道特別番組に航空評論家として出演
  • NHK退職後 ノンフィクション作家、評論家として活躍
  • 主な著書 「マッハの恐怖」「犠牲 わが息子脳死11日」「壊れる日本人」「大人が絵本に涙する時」
  • 毎日新聞社「開かれた新聞」委員会委員、日本航空安全アドバイザリーグループ座長、文部科学省「子どもの徳育に関する懇談会委員」

お問い合わせ

教育文化課
(中央公民館)
電話:058-388-3231
ファクシミリ:058-388-3233