HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

スポーツ推進委員会だより2010年2月25日

 まだコート・マフラーが手放せない寒い日もありますね。
 小雪舞う日もありますが、現在活動中の体育指導委員主催の毎週ウォーキングにも多数の方にご参加いただき、ありがとうございます。 この毎週ウォーキングも開催40回を超え、初回の教室から数え1年以上経ちました。
 まだ「今日初めて」という方もちらほらみえます。またこの活動の集大成として笠松町以外の場所へ「お出かけウォーキング」も企画しています。
 既存のチーム・サークルの活性化に向けて、より的確に自分に合ったクラブを探せるコーディネートができればと考えております。
 クラブ紹介のための取材も進め活動中です。

 皆さんはもうご存知でしょうか。木曽川橋から緑地公園の堤防中段の散歩コースに足跡があることを。

 木曽川橋から緑地公園の堤防中段のコースにある足跡の写真木曽川橋から緑地公園の堤防中段のコースにある足跡の写真

最近の活動

  • 羽島郡健康ウォーク

 平成21年11月7日(土曜日) 笠松町みなと公園ほか
 100名あまりの参加があり、運営にあたりました。

  • 羽島郡駅伝

 平成21年12月13日(日曜日) 笠松町みなと公園ほか
  89チームの参加で、体協主催のもと運営にあたりました。

  • 笠松町ファミリーマラソン

 平成22年1月24日(日曜日) 笠松競馬場
 555名の笠松町内外の参加があり、体協主催のもと運営にあたりました。

  • 東海四県体育指導委員研究大会

 平成22年2月26日(金曜日) 岐阜県下呂市
 私たち笠松町が分科会で発表します。
 「今、笠松町に求められているものは -我が町体育指導委員のあるべき姿とは- 」と題し、研究のねらいや実践活動、今後の課題などを述べたいと思います。

毎週ウォーキング配布勉強用プリントより

気温が低い時間帯での運動は血管・心臓・脳・筋肉などが変調するリスクが高いと思われます。気温が上がった時間帯(午前10時から午後3時位)で天候および各自の体調に合わせ、準備運動・ストレッチング・ウォーキングをして健康維持に努めましょう!

  • 起床直後
     心臓に強い負担をかける恐れがあります。ウォーキングをする場合には、起床後少なくとも1時間は経過してから軽い運動から始めてください
  • 食事の直後
      有酸素運動で全身を使うウォーキングでは、心臓や肺、活動している筋肉などに大量の血液が必要です。食事をすると消化器官(胃や腸など)に大量の血液が必要になってきます。そのため食事の直後に運動を行うと、体内の血液が不足してしまい心臓に負担がかかったり、側腹部痛(脇腹が痛くなる)などの原因になります。食後は、できるだけ最低2時間は経過してからウォーキングをしてください。
  • 空腹時
     血糖値が低下しているため、この状態で長時間の運動を行うとめまいや注意力が散漫となったり、意識がもうろうとする場合もあります。また、強い空腹は不整脈を誘発するとも言われていますので、運動の直前に何か甘いものを摂ると良いでしょう。スポーツドリンクなどを少量摂取してください。
  • 就寝直前
     就寝前に長時間のウォーキングやエクササイズウォーキングなどの強い運動を行うと、睡眠障害の原因になると考えられています。就寝前の2時間は運動をやめ、ゆっくり安静に過ごしてください。

ウォーキングのマナー

いつでも誰でも気軽に楽しめる、だから大切です。

  • 自己の責任で健康を管理し、準備体操・ストレッチを必ず行ないましょう。
  • 私有地(畑など)に入らないようにしましょう。
  • 動植物を保護し、自然を大切にしましょう。
  • 交通ルールを守り、安全に歩行しましょう。道路を横断するときは、車両などに十分注意しましょう。
  • 暗くなってからはライト・反射鏡などを身に付けましょう

お問い合わせ

教育文化課
(中央公民館)
電話:058-388-3231
ファクシミリ:058-388-3233