HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

若年者納付猶予制度2011年4月1日

 他の年齢層に比べて所得が少ない20歳代の若年層の方が、将来年金を受け取ることができなくなることを防止するため、保険料の納付が猶予される若年者納付猶予制度があります。
 本人と配偶者の所得が一定額以下のとき承認されます。
 納付猶予期間は、将来受け取れる年金の受給資格期間に算入されますが、年金額には反映されません。

注意事項
 若年者納付特例の承認の終期は、毎年6月となります。7月以降も保険料の納付が困難な場合、あらためて猶予の申請が必要です。途中で30歳になる方は、30歳に到達する月の前月までになります。

届け出に必要なもの

  • 年金手帳
  • 印鑑

注意事項
 所得証明書や離職票の写しなどが必要になる場合があります。

お問い合わせ

住民課
電話:058-388-1115