HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

受水槽2014年4月1日

受水槽

 受水槽とはアパート、中高層ビルなどで、水道管を通って送られてきた水をいったん貯めておくところです。給水方式には、大別して直結給水と受水槽式給水があります。
受水槽式給水とは配水管からの水を受水槽に貯め、ポンプで加圧して給水する方式です。

直結給水については直結給水のページをご覧ください。

受水槽式給水のメリット・デメリット(良いところ・悪いところ)

メリット(良いところ)
 受水槽の貯水機能により、断水などのときにも水の使用が可能です。
 瞬間的に多量の水を使用する建築物の場合は、給水の設備の規模を小さくすることができる場合があります。

デメリット(悪いところ)
 水の受水槽内における滞留時間が長いと、水質が下がる場合があります。
 受水槽の維持管理費は定期点検、清掃、電気代などが必要です。
 受水槽の設置スペースが必要です。
 配水管の水圧を利用して給水することができないため、ポンプなどが必要となります。

受水槽の容量計算書

 アパート・マンションなどの建築の際に受水槽式給水とする場合、容量計算書にて容量計算を行い、申請書を提出時に添付してください。なお申請書名は工事申込書並びに施工承認申請書です。

受水槽容量計算書については、下欄からダウンロードできます。なお必要なかたは、項目をクリックしてください。

受水槽容量計算書(PDF形式37.5KBytes)

PDFファイルをご覧になるには

アドビリーダーが必要です。無償で提供されていますので、ダウンロードしてご使用ください。
アドビリーダー

お問い合わせ

水道課
電話:058-388-1118
ファクシミリ:058-387-8250