HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

国民健康保険に加入するとき2019年5月30日

 世帯主は、その家族の被保険者としての資格に異動があったときは、14日以内に住民課窓口へ届出をしなければなりません。

注意事項
 年金を受給している方は、退職者医療制度の手続きも必要となる場合がありますので、年金証書をお持ちください。詳しくは、退職者医療制度のページをご覧ください。
 第三者の方が代理で届出する場合は、委任状と、代理人の方の本人確認ができるもの、印鑑が必要となります。

転入してきたとき

必要なもの

  • 転出証明書
  • 印鑑

 

注意事項
 先に住民登録をしてください。
 住民登録後、国民健康保険資格を付与し、被保険者証をお渡しします。

勤務先の健康保険をやめたとき、被扶養者でなくなったとき

必要なもの

  • 勤務先の健康保険の資格喪失証明書
  • 印鑑

 

備考
 任意継続の期間が終了したため国民健康保険へ加入される方の資格喪失の証明は、任意被保険者証でも結構です。被保険者証を返還する前に国民健康保険加入の手続きをしてください。その際は、国民健康保険へ加入される方全員の被保険者証が必要です。

子どもが生まれたとき

必要なもの

  • 国民健康保険被保険者証 
  • 母子手帳
  • 印鑑
  • 世帯主の口座番号がわかるもの(出産育児一時金の振込みのため)

 

 出産育児一時金の申請手続きも必要です。
 詳しくは、出産育児一時金のページをご覧ください。

生活保護を受けなくなったとき

必要なもの

  • 生活保護廃止決定通知書
  • 印鑑

申請書ダウンロード・記入例

申請書様式、記入例については、下欄からダウンロードできます。(それぞれの項目をクリックしてください。)


健康保険資格等取得(喪失)連絡票(PDF形式114KBytes)

健康保険資格等取得(喪失)連絡票記入例(PDF形式128KBytes)

PDFファイルをご覧になるには

アドビリーダーが必要です。無償で提供されていますので、ダウンロードしてご使用ください。
アドビリーダー

お問い合わせ

住民課
電話:058-388-1115