HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

土岐塚2006年12月1日

場所 無動寺
土岐塚の写真 

説明

 天文13年(1544年)9月、尾張の織田信秀(信長の父)が美濃へ攻め込んできたとき、斎藤道三の娘の婿である土岐頼香が無動寺の光得寺に砦を構えました。これを無動寺の戦いといいます。
 斎藤道三は、羽島市に陣を張っていましたが、土岐氏を滅ぼそうと考えて、家来に命じて無動寺に陣取っていた頼香を殺害させました。大将を失った美濃勢は退散し頼香は光得寺の隣のやぶ陰に葬られました。
 これが土岐塚で、現在も心ある人が大切に弔っています。

訳注

土岐氏
 美濃守護として国を治め、一族は繁栄したが、第13代土岐頼芸の時、斎藤道三に滅ぼされました。

お問い合わせ

教育文化課
(中央公民館)
電話:058-388-3231
ファクシミリ:058-388-3233