HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

納税義務者が亡くなった場合2018年2月9日

 固定資産の所有者が亡くなられた場合は、税務課に「固定資産税納税義務代表者(相続人代表)届出書」を提出してください。届出用紙は役場税務課にあります。  
 この届出書は亡くなられた方の固定資産について、相続人の中で固定資産税に関する書類の受け取りなどの代表者を決めていただくための届出書です。提出後は、この届出書に記載された代表者に固定資産税の納税通知書を送付します。
 ただし、この届出書は、所有権を定めるものではありませんので、所有権移転登記(相続登記)は法務局に申請が必要になります。
 詳しくは岐阜地方法務局ホームページの「相続登記の手続について」をご覧ください。
 この相続登記が1月1日までに完了すれば、次の年度から相続登記された所有者に納税通知書を送付します。相続について詳しくは、日本司法書士会連合会ホームページの「相続のこと」のページをご覧ください。

注意事項
 登記されていない家屋を相続したときは、未登記家屋取得届出書を税務課へ提出してください。

届出書・記入例ダウンロード

 届出書様式、記入例は、下欄からダウンロードしてご使用ください。

未登記家屋取得届出書様式(PDF形式41.2KBytes)

未登記家屋取得届出書記入例(PDF形式44.9KBytes)

PDFファイルをご覧になるには

アドビリーダーが必要です。無償で提供されていますので、ダウンロードしてご使用ください。

アドビリーダー

お問い合わせ

税務課
電話:058-388-1112