HOME
本文へ移動
笠松さんぽ

【期間延長】高齢者インフルエンザ定期予防接種2017年12月18日

町では、予防接種法に基づき、高齢者のインフルエンザ定期予防接種を実施しています。

年齢の基準日は接種日現在となります。

接種期間

平成29年10月1日~平成30年1月31日

対象者

  • 接種時に笠松町に住民登録のある65歳以上の方
  • 60歳から64歳までの方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に障がいがあり、日常生活が極度に制限される状態の方

実施医療機関

  • 羽島郡内の指定医療機関

   個別予防接種実施医療機関一覧表のページをご覧ください。

  • 岐阜県内の広域化予防接種協力医療機関

   岐阜県広域化予防接種事業のホームページをご覧ください。

 

 ※羽島郡内の指定医療機関または広域予防接種協力医療機関以外で接種する場合は、任意接種(予防接種法に基づかない接種)になりますので、高齢者インフルエンザ任意予防接種のページをご覧ください。

自己負担金

自己負担金

羽島郡内の指定医療機関で接種する場合 1,500円(ただし、生活保護の方は自己負担金を免除しますので、事前に健康介護課へ申請してください)
広域化予防接種協力医療機関で接種する場合 医療機関が設定する接種料金から、3,380円の上限を差し引いた額

接種回数

1回 

接種方法

接種方法

羽島郡内の指定医療機関で接種する場合
  1. 医療機関へ予約
  2. 医療機関に設置してある「予診票」を記入
  3. 接種を受ける
  4. 自己負担金(1,500円)を支払う
広域化予防接種協力医療機関で接種する場合
  1. かかりつけ医へ予約
  2. 役場健康介護課窓口・福祉健康センター・総合会館で「予診票」を受け取り記入
  3. 接種を受ける
  4. 自己負担金を支払う(自己負担金は医療機関によって異なります)

持ち物

  • 健康保険証
  • 予診票(広域予防接種協力医療機関で接種する場合のみ)

何らかの健康被害が生じた場合

予防接種法で救済されます。

 

お問い合わせ

健康介護課
電話:058-388-7171